skip to content

Your personal guide to the city of Truro.

Browse Truro

Shop
Beautiful & bespoke Unique Truro shops
Eat & Drink
Truro offers you outstanding cuisine
Explore
Interest & Activities in Truro & Nearby
Events
Days & nights in Truro for everyone
Work
Search Businesses & Services in Truro
Stay
Make Truro your top holiday destination
Getting Here
Find your way to Truro in Cornwall
News
Discover what's happening in Truro

Truro

建築

トゥルーロは「バースより西部の地域で、ジョージ王朝の最高の建築例が見受けられる町」と言われてきました。市内の壮麗なゴシック風の聖堂、印象的な裁判所の建物、マルパス・ロード沿いの近代的なオフィスブロックなどが混在し、折衷的で見応えのある景観となっています。

主な建物
トゥルーロ大聖堂 Truro Cathedral
トゥルーロ大聖堂は、コーンウォール州の主要なショッピングセンター、オフィス街の中央に市のランドマークとしてそびえ立ちます。天に伸びる壮麗な三つの塔が市内のスカイラインを圧倒します。トゥルーロ大聖堂は比較的新しく、築年125年に過ぎません。1880年5月20日に、当時のコーンウォール公、後のエドワードVII世によって、礎石が敷かれました。英国国教会の大聖堂がイギリス国内で建てられることは、600年以上前の1220年に着工したソールスベリー大聖堂以来のことでした。

アセンブリールーム Assembly Rooms
ハイクロスHigh Crossにある上品な建物。かつては、トゥルーロでのエレガントな催しの会場でした。1787年建設。建物正面には劇作家シェークスピアShakespeare、ギャリックGarrick、セーリアThaliaが描かれたウェッジウッドの銘板がはめ込まれています。

刑事裁判所 Crown Courts
セントアイヴズのテートギャラリーTate St Ivesを設計した建築士エヴァンズ&シャレヴEvans & Shalevによる設計。エドワードストリートEdward Street の坂の上、12世紀のノルマン人の城跡に建てられました。

タウン・ホール Town Hall
クリストファー・イールズChristopher Eales による設計。1846建設。トゥルーロ市議会の開かれる市庁Municipal Buildings、コーンウォール劇場Hall for Cornwall、ツーリスト・インフォメーションセンターがあります。

コイネッジホール Coinage Hall
現在の建物は1848年にコーニッシュ銀行Cornish Bankとして、コイネッジホール跡に建てられました。コイネッジホールは、年に二回、地元で採掘された錫を検査・課税する場所でした。

ウォルシンガム・プレース Walsingham Place
ヴィクトリア・スクエアVictoria Squareから横に入った静かなウォルシンガム・プレースを散策してください。桂冠詩人ジョン・ベチェマンJohn Betjemanがこよなく愛した場所です。この美しいジョージ王朝のテラスは、フィリップ・サムベルPhilip Sambellによる設計とされています。

レモン・ストリート Lemon Street
ジョージ王朝時代の美しい建築が立ち並ぶレモン・ストリートは、ファルマスからの郵便馬車クイックシルバーがトゥルーロ市内に入りやすいように造られました。


地理

コーンウォール州の行政都市トゥルーロは、ビジネス・観光を基盤とする豊かなコミュニティーを誇ります。また、州内で最も多くの貨物を扱っており、港町として今も栄えています。 

トゥルーロTruroの名はTri-veru(三つの川)に由来すると言われています。
ケンウィン川Kenwyn、アレン川Allen、ティニー川Tinneyの三つの川がトゥルーロ川Truro River となり、キャリックローズ川Carrick Roadsとファル川River Falに流れ込みます。

これらの川はほとんど通りの下に隠れていますが、アレン川の一部は大聖堂の裏とセントメアリーズ・ストリートSt Mary's Streetで見受けられ、ケンウィン川はヴィクトリア・スクエアVictoria Squareとレモン埠頭Lemon Quayの下を流れます。

川の流域は盆地となっており、かなりの傾斜がトゥルーロを囲んでいます。早期には洪水がよく起こり、最も最近の洪水は1988年のことでした。人々は小さなボートに乗せられてヴィクトリアスクエアの店やオフィスに行きました。

以来、ケンウィン川のニューミルNew Millでのダム建設、ボスカーウェンパークBoscawen Park近くのトゥルーロ川での防波堤など、洪水防止措置が市の周辺でとられました。


歴史

トゥルーロでは何世紀にもわたり民族が定住してきました。ケルト民族の村として始まり、12世紀にはノルマン人の集落ができ、現在の刑事裁判所のある丘に城を建てたと考えられています。

その後トゥルーロは、錫鉱区の町として、地元で採掘された錫の質を検査・承認する地点となりました。検査を受けた錫は川を下って町から運び出されました。

トゥルーロは雑踏であふれる港町でもありました。現在のレモン埠頭は埋め立てられ、人々で賑わう場所となりましたが、かつては船舶がここに停泊していました。船が港に着くと、人々は貨物を下ろすため、町のあちこちの横道から走り出てきたそうです。

18世紀末から19世紀始めにかけて錫の価格は急速に上昇。トゥルーロに居を構えることにした富裕な錫鉱所有者が、エレガントなタウンハウスを建設し、そのうちの何軒かを今も見ることができます。


トゥルーロの著名人

リチャード・ランダー Richard Lander
アフリカのニジェール川の源を求めて弟のジョンと探検。トゥルーロの中学校の一つが彼に因んでリチャード・ランダー・スクールと名付けられています。

ハンフリー・デイヴィー Humphrey Davey
ペンザンス生まれ。トゥルーロで教育を受けました。坑夫のための安全ランプの発明で知られています。

サー・ウィリアム・レモン Sir William Lemon
錫鉱業界の有力者。コーンウォール州を代表する議員。レモン・ストリートLemon Street建設のために土地を寄贈しました。


Map & Guide

back to top

Site Index

  1. Shop

  2. Eat & Drink

  3. Explore

  4. Events

  5. Work

  1. Stay

  2. Getting Here

  3. News

  4. Members

  5. Information

  6. Totally Truro is a company limited by guarantee
    registered in England company no. 6070111
    Copyright © 2008 Totally Truro. All Rights Reserved.

Other Languages

7:54am | 20th October 2017